一定牛彩票网

大学案内

学長挨拶

「北九州市立大学」として20年目を迎える

北九州市立大学 学長 松尾 太加志

松尾学長

 北九州市立大学のホームページへようこそ、そして、このページを開いていただきありがとうございます。

 今年度(2021年度)は、本学が「北九州大学」から「北九州市立大学」と名称を変更して20年目になります。また、20年前は国際環境工学部をひびきのキャンパス(北九州市若松区)に開設した年でもあります。本学は、1946年に小倉外事専門学校としてスタートし、北九州市小倉南区の一定牛彩票网にある文系総合大学として長い間親しまれてきました。名称に「市立」を加えるととともに、一定牛彩票网に文系、ひびきのキャンパスに理系を有する総合大学として新たにスタートをきったのが20年前です。20年を経て文系の大学のイメージだった本学が文理総合大学として定着してまいりました。

 国際環境工学部は、20年前、若松区ひびきのに北九州学術研究都市が開設された際の中核的な教育機関として生まれました。学術研究都市には九州工業大学、早稲田大学、福岡大学の大学院に加え、さまざまな研究機関や研究開発型の企業が集積し、留学生も多く、グローバルな教育研究活動が活発に行われている知の拠点です。大学としては、2017年に環境技術研究所を開設し、環境未来都市北九州市に相応しい研究を続けています。

 今年度、文科省の「共同利用?共同研究拠点」として、本学の計測?分析センターと環境技術研究所の先制医療工学研究センターが新規の認定を受け、ますます外部と連携した共同研究の拠点として発展してまいります。

 一方、文系のある一定牛彩票网には歴史と伝統のある外国語学部、経済学部、文学部、法学部に加え、2007年にはビジネススクールを、2009年には地域創生学群を開設するなど、公立の大学として地域との連携を深めた教育研究活動を行っております。

 今年2021年度は建学75年の節目を迎えます。創立100年に向け、将来の北九州市立大学の発展を見据え将来構想の検討が始まっています。昨年度は新型コロナウィルスの感染拡大により世の中が大きく変わりましたが、どのような時代でも柔軟に対応した教育プログラムを提供し、学ぶ人の未来に、社会の未来に貢献できるよう、教職員一同尽力をしてまいります。

2020年度学位授与式 学長告辞(2021年3月23日)

2021年度入学式 学長式辞(2021年4月5日)

keyboard_arrow_upTOP